Sensatia Botanicals

当社について

センサティアボタニカルは、天然素材をつかったヘルシーなスキンケア製品を作りたいという想いから2000年にバリ島の小さな漁村カランガサムのジャスリで生まれました。当初は少人数のメンバーたちとコールドプレスのココナッツオイルソープをハンドメイドしてきましたが、その後ほかの製品を求める多くのご要望に応えながら発展、現在センサティアボタニカルは国際的に知られるブランドとして成長を遂げてきました。

当社の目標

センサティアボタニカルは、設立当初から単なるスキンケアブランド以上の活動を目指してきました。設立当初は地元コミュニティーを活気づける利益分配会社として、バリの東海岸の村落をすこしでも豊かにしたいという想いで取り組んできました。そして現在も、利益の20%は従業員のために充てられています。同時にセンサティアボタニカルではこれまで通りサステナビリティを大切に維持し、環境への影響を出来る限り抑えることを心掛けています。

製品へのこだわり

センサティアボタニカルではシンプルでクリーンな製品を、サステナビリティにこだわる会社や個人によって厳選された、質が高く虐待のない原料や製造工程を駆使して作られています。薬品や人工物質、合成物質などは使わず、すべての原料は加工前にセンサティアボタニカルのラボにて事前チェックが行われています。完成した製品は厳しい基準を設けた品質管理を経て出荷されます。

承認認可

センサティアボタニカルでは現在300品以上の製品について加工食品と医療品の安全性を管轄する国家医薬品食品監督庁(BPOM)登録がされており、バリ島では初めて及び唯一のGMP認定(適正製造規範)を受けた化粧品会社です。この認定は原材料の入庫から製品の製造、加工、出荷に至るまですべての過程で製品が適切かつ安全に作られ品質が保証されるものです。またすべての原料はインドネシア共和国の宗教省においても公式ハラル認証を受けています。

コミットメント

センサティアボタニカルでは地元産業や環境に対して自社が掲げてきた責務を全うするため、ビーチや寺院での清掃プログラムはじめ、キャッサバスターチで作られたエコバッグの使用、顧客から回収した空のボトルのリサイクル使用など、様々な活動を行っています。また地元ジャスリの村落では寄付をはじめ、従業員や親族を対象に慰安旅行などの支援を行っています。